サイト管理_機能パーツ作成

サイト管理 > 機能パーツ作成

1.概要

aishipRでは、ページを表示させるコンテンツを機能パーツで作成します。

機能パーツを作成することで、HTMLの知識がなくてもサイトを作成することができます。

機能パーツを目的別に作成し、管理しておくことでページの編集の作業効率が高まります。

機能パーツは、ヘッダー・メイン・アサイド・フッター各領域に加え、商品ページやカテゴリページへの設置も可能です。

2.説明

2.1.機能パーツ設置箇所

機能パーツの設置箇所については、以下のマニュアルをご参照ください。

>>「サイト管理_レイアウト作成」へ

>>「サイト管理_ページ作成」へ

>>「商品管理_商品詳細ページ」へ

>>「商品管理_商品カテゴリページ」へ

>>「商品管理_商品検索ページ」へ

2.2.各機能パーツの個別設定

各機能パーツについては、各マニュアルをご参照ください。

>>「サイト管理_機能パーツ作成(グリッドナビ)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(リストナビ)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(バナー)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(商品カテゴリ)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(商品検索)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(商品ブロック)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(商品レビュー)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(お知らせ)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(会員ログイン)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(ソーシャルボタン)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(RSS)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(カート情報)」へ

>>「サイト管理_機能パーツ作成(SSLステッカー)」へ

2.3.各機能パーツで共通の基本設定

各機能パーツで共通の基本設定について記載します。

図.機能パーツの基本設定

2.3.1.パーツ名

パーツ名を決定します。管理画面での表示名になります。

後ほど、レイアウト作成やページ作成にて機能パーツを選択する際に分かりやすい名称にて設定ください。

2.3.2.パーツID(クラス名)

パーツIDを決定します。後で変更することはできません。半角英数字でご入力ください。

この機能パーツがHTMLソースに出力される際に、パーツIDがそのままクラス名となります。

CSSにてデザインの調整が可能です。

2.3.3.カテゴリ

管理画面で機能パーツを管理する上で、後で管理しやすいようにカテゴライズしておきます。

図.機能パーツ一覧のカテゴリ検索

2.3.4.見出し

機能パーツ上部に見出しタグを設置することができます。要素としてh1~h6、divの中から設定できます。

2.3.5.スタイル

機能パーツ内にクラス名を付与することができます。既に作成済みのクラス名を選択することもできます。

ここで設定したクラス名は、「ユーザーCSS」でCSS設定をする時のクラス名として利用できます。

2.3.6.アコーディオン機能

コンテンツで表示させる内容を隠すことが可能です。【見出し】を設定している場合に使用が可能になります。

2.3.7.画像遅延読み込み機能

画像が複数表示される場合、スクロールを進めることによって画像が読み込まれる機能になります。

スクロールにあわせて必要画像のみが表示される為、サイトアクセス時のレスポンス向上に繋がります。

2.3.8.公開設定

この機能パーツの公開時間の設定ができます。年月日+時間(24時間表示)を設定します。

2.4.機能パーツで設定できる独自タグ

2.4.1.概要

独自タグとは、aishipRで作成する機能パーツ上でページのURLやカートボタンを書き出す機能です。

独自タグを使用することで、ページのURL等、システムが出力する動的な値を自動的に出力することができます。

機能パーツで設定できる独自タグについてご説明致します。

2.4.2.説明

機能パーツで設定できる独自タグには、<#サイト名><#SSLルートURL><#マイページURL><#会員登録URL><#フリーページURL:page_id><#カートの中URL><#フリーフォームURL:form_id><#カートに入れる 商品管理番号:○○○>があります。

2.4.2.1.<#サイト名>

サイト管理>基本設定の「サイト名」で設定しているサイト名を表示します。

2.4.2.2.<#サイトURL>

サイトのルートURLを出力します。

aishipRのテンプレートサイトのhttp://template-advance.aispr.jp/haiso ページを表示させる場合は、<#サイトURL>haisoと入力します。

aタグで使用する場合は、<a href=”<#サイトURL>“>と入力します。

imgタグで使用する場合は<img src=”<#サイトURL>img/ファイル名”>と入力します。

2.4.2.3.<#SSLルートURL>

SSL用のルートURLを出力します。

2.4.2.4.<#マイページURL>

会員マイページURLを出力します。

2.4.2.5.<#会員登録URL>

会員登録フォームURLを出力します。

2.4.2.6.<#ログインURL>

ログインページURLを出力します。

2.4.2.7.<#カートの中URL>

カートページURLを出力します。

2.4.2.8.<#フリーページURL:page_id>

サイト管理>ページ作成の[page_id]に設定したIDのページへのURLを出力します。

2.4.2.9.<#フリーフォームURL:form_id>

フォーム管理>フリーフォーム設定の[form_id]に設定したフォームIDへのURLを出力します。

2.4.2.10.<#カートに入れる 商品管理番号:○○○>

商品登録/編集>商品登録の商品管理番号に設定した番号を[○○○]に設定すると該当商品の購入ボタンを出力します。

2.4.3.注意事項

・独自タグをお使いいただけるのはaishipR上で作成するページのみです。

・非SSLページとSSLページで同じレイアウトを利用される際にURLを記入する場合は、<#サイトURL>の利用を推奨しています。

2.4.4.関連記事

>>「 顧客管理_フリーフォーム設定」へ

>>「商品管理_商品登録」へ