システム管理_アカウント管理

システム管理 > アカウント管理

1.担当者ごとに使える機能を制限したい

担当者が複数名いる場合、担当者ごとのアカウント(=子アカウント)を作成し、子アカウントごとに利用できる機能を制限する設定を行える機能です。

この機能をご利用いただけるのは、マスター権限をもつアカウント(=親アカウント)のみとなります。

1.1.子アカウントを新規作成する

子アカウントの作成はシステム管理>アカウント管理>アカウント新規作成から行います。

図.アカウント新規作成をクリックする

設定したいログインIDとパスワードを入力し、子アカウントに与える権限を選択します。

図.子アカウントの作成

1.1.1.[必須]ログインID

子アカウントでログインする際のログインIDを設定して頂きます。

入力必須の項目です。

1.1.2.[必須]パスワード

子アカウントでログインする際のパスワードを設定して頂きます。

入力必須の項目です。

1.1.3.IPアドレス

aishipR管理画面へのログインを、システムを利用する事業所のネットワークにのみ制限するための設定となります。

グローバルIPアドレスを設定いただくことで、外部ネットワークからのアクセスを禁止することが可能です。

IPアドレスはグローバルIPアドレスを登録します。

IPアドレスを登録した子アカウントでは、登録されたグローバルIPアドレスからのみログイン可能になります。

IPアドレスは未設定でも子アカウントを作成できます。

1.1.4.メモ

メモに記入された内容はシステム管理>アカウント管理>アカウント一覧のメモに内容が表示されます。

メモの記入は任意です。

図.「メモ」の入力内容がアカウント一覧に表示される

1.1.5.与える権限

子アカウントでログインし、権限を与えられていない管理ページにアクセスすると

「権限の設定により、アクセスが許可されておりません。」と表示されます。

図.権限を与えられていない管理ページにアクセス時

1.2.子アカウントの編集

子アカウントの編集は、システム管理>アカウント管理>アカウント一覧にて編集したい子アカウントの編集から行います。

編集後保存を押して完了です。

1.3.子アカウントでのログインの方法

aishipRのログイン画面にて、アカウントID、ログインID、パスワードを入力します。

図.子アカウントで管理画面にログインする

1.4.注意事項

1.4.1.子アカウントに与えることのできる権限の範囲

子アカウントに与えることのできる権限は、管理画面上部のメニュー単位でしか設定できません。

例えば、サイト管理>ページ設定の機能にのみ権限を与えるということは設定できません。

図.子アカウントに与える権限の範囲

1.4.1.1.システム管理の権限を与えた場合

システム管理の機能を利用できます。

ただしシステム管理>アカウント管理>アカウント一覧にて作成したアカウントの編集は行えません。

1.4.1.2.代理注文機能のみの権限を与えた場合

管理画面にて行えることは

顧客管理>顧客一覧の閲覧 ※編集・削除は行えません

受注管理>受注一覧>受注検索

受注管理>受注一覧>受注詳細の閲覧 ※編集・削除は行えません

1.4.2.親アカウントのパスワード変更について

親アカウントにてログインされた際に、子アカウントのIDとパスワードは変更可能ですが、親アカウントのIDとパスワードは変更できません。

変更を希望される場合は、サポートセンターへの申請が必要となります。