システム管理_各データのインポート

システム管理 > 各データのインポート

1.CSVファイルのインポート方法

1.1.概要

aishipR管理画面上で個々で実施する作業を、CSVインポート機能を使うことで一括作業ができ、作業効率が格段に向上します。

標準機能では商品情報やカテゴリデータ、ページデータや顧客データ、受注データ(一部のみ対応)や荷物問い合わせ番号のCSVインポートに対応しております。また、オプションにて、定期購入関連の設定、セット販売商品データの一括インポートも用意しております。

1.2.説明

以下インポートする手順と設定方法です。

aishipRでは「本システム形式」と「他社形式」のいずれかでインポートすることが可能です。

指定のフォーマットに従って作成したCSVをインポートしてください。

インポート実行後、正しくインポートされた場合は、「インポートが完了致しました。 」と表示されます。

エラーが発生した場合は、表示されている指摘箇所を修正していただき、再度インポートしてください。

本システム形式(aishipR形式)のデータをインポートする場合

他社形式のデータをインポートする場合

1.2.1.本システム形式(aishipR形式)のデータをインポートする場合

インポートデータ形式

本システム形式

インポートする情報

「商品データ」「商品バリエーション/オプションデータ」「商品カテゴリ」「顧客データ」「受注データ」から選択します。

CSVファイル選択

ファイルを選択します

【インポート】を押下して設定完了です。

1.2.2.他社形式のデータをインポートする場合

インポートデータ形式

他社形式

インポートする情報

「マイティ通信販売形式」「e飛伝Ⅱ形式(出荷履歴)」から選択します。

CSVファイル選択

ファイルを選択します

【インポート】を押下して設定完了です。

1.3.注意事項

・CSVファイルを編集する際は、CSVエディターを使用してください。

・必須項目以外は、必要な項目(列)のみでインポート可能です。

・受注データの新規作成は行えません。

・会員データ移行は、有償対応となります。

1.4.関連記事

各項目の概要、説明、フォーマットと注意事項については以下のマニュアルをご参照ください。

>>「システム管理_CSV入力項目概要(商品データCSV)」へ

>>「システム管理_CSV入力項目概要(商品カテゴリCSV)」へ

>>「システム管理_CSV入力項目概要(顧客データCSV)」へ

>>「システム管理_CSV入力項目概要(受注データCSV)」へ

>>「システム管理_CSV入力項目概要(ページデータCSV)」へ

>>「システム管理_CSV入力項目概要(カテゴリデータCSV)」へ

>>「システム管理_各データのエクスポート」へ

2.CSVで商品をアップしたい(新規登録・編集)

2.1.インポートデータ形式

【本システム形式】を選択します。

2.2.インポートする情報

【商品データ】を選択します

2.3.CSVファイル選択

ファイルを選択します

【インポート】を押下して設定完了です。

2.4.注意事項
CSV内のコントロールカラム項目が新規登録のときは「n」に、既に登録済みの商品を編集するときは「u」に、登録済みの商品を削除するときには「d」として、インポートをしてください。

3.配送業者の「問い合わせ番号」を受注データに一括登録する方法

3.1.概要

配送業者発行の「問い合わせ番号」(=お問い合わせ伝票番号、お問い合せ送り状No、荷物番号、荷受け番号、送り状番号)を一括登録する機能となります。

複数配送での受注データ登録にも対応しており、本機能を利用することで受注処理時間を短縮することができます。

3.2.説明

システム管理 > 各データのインポート にて

インポートデータ形式

本システム形式

インポートする情報

「問い合わせ番号」

のように選択して、下記形式のCSVデータをインポートすることによって「問い合わせ番号」を一括取込することが可能です。

項目名

(★)コントロールカラム | (★)注文番号 | 問い合わせ番号 | 配送会社

※(★)は必須項目です。

※コントロールカラムは更新の「u」のみに対応しています。

※上記項目の順序は問いません。問い合わせ番号|配送会社|注文番号|コントロールカラム としてもインポートが可能です。

※複数配送の場合、注文番号は送付先ごとに-1、-2・・・といったように「注文番号-送付先番号」の枝番付きの番号での入力形式となります。

※FTPでのファイルアップロードによるインポートには対応しておりません。

3.2.1.問い合わせ番号 登録の流れ

「問い合わせ番号」登録の流れは以下のようになります。

【手順1】aishipRより受注データCSVをエクスポート。

【手順2】aishipRよりエクスポートした受注データcsvを配送業者側システムで取込み、「問い合わせ番号」を発行後データを出力。

【手順3】配送業者側システムより「問い合わせ番号」を発行後、「コントロールカラム | 注文番号 | 問い合わせ番号 | 配送会社」の形式のCSVデータを作成。

【手順4】[システム管理 > 各データのインポート]よりCSVデータをインポート。

【手順1】aishipRからの受注データエクスポートにつきましては、下記のように複数パターンがございます。

・本システム形式でCSVをエクスポートする場合

・ヤマトB2形式でCSVをエクスポートする場合

・e飛伝Ⅱ形式でCSVをエクスポートする場合

詳細については、「各データのエクスポート」のマニュアルをご確認ください。

>>「システム管理_各データのエクスポート」へ

4.CSVで一括で顧客情報を削除する場合

一度に多数の顧客情報を削除したい場合は、顧客データCSVインポートを使い顧客情報を削除頂けます。

4.1.本システム形式・顧客データ

aishipR形式でCSVデータを作成し、インポートします。

4.1.1.CSVデータの作成のポイント

顧客データ削除用のCSVファイル作成時、必須項目は以下の2つです。

コントロールカラム・・・「d」を記入

メールアドレス・・・会員、または非会員メールアドレスを記入

顧客データCSVファイルの入力項目概要については、「CSV入力項目概要(顧客データCSV)」のマニュアルをご確認ください。

>>「システム管理_CSV入力項目概要(顧客データCSV)」へ

4.1.2.CSVデータのインポート手順

インポートデータ形式に【本システム形式】を選択します。

インポートする情報に「顧客データ」を選択します。

CSVファイルを選択します。

【インポート】を押下して削除完了です。

図.顧客データCSVファイルのインポート