商品管理_登録商品編集(商品オプション設定)

商品管理 > 登録商品編集

1.概要

商品オプションとは、選択肢ごとに在庫を管理しないオプション設定や、のし・名入れサービスやギフトラッピング等のオプションを商品毎に設定する際に利用します。商品オプションの設定では、選択肢ごとに商品価格を変更することも可能です。

2.説明

ここでは、商品オプション設定の各項目について解説します。

図.商品オプション設定

2.1.オプション1項目名

「サイズ」や「カラー」等のオプション項目の名称を入力します。

2.2.表示タイプ

「セレクト」「ラジオ」「テキスト」から表示タイプを選択します。

「セレクト」を選択した場合、商品ページには下図のようにセレクトボックスで、「ラジオ」を選択した場合にはラジオボタンで、「テキスト」を選択した場合にはテキスト入力フォームでオプションが表示されます。

図.表示タイプの設定

2.3.適用範囲設定

「元の販売価格にのみ適用」、「商品オプションを含めた販売価格に適用」を選択します。

2.4.説明

オプションの説明文を追記できます。

2.5.選択肢

商品オプションの選択肢の設定を行います。

【詳細設定】を押下し、【選択肢を追加】を選択します。(最大20件)

図.商品オプションの選択肢の追加

2.5.1.項目概要

選択肢情報編集で取り扱う項目の定義は、以下の表のとおりです。

表.選択肢情報編集で取り扱う項目定義

項目

説明

並替

サイトに表示する商品オプション選択肢の表示順を設定する。

選択肢名

選択肢名

価格/割合(マイナス可)

価格または割合を設定する。(未入力可)

例えば、「200」(「円/%」は「円」)と設定した場合は、通常価格よりプラス200円価格が上がります。

「-10」(「円/%」は「%」)と設定した場合は、通常価格よりプラス10%価格が割り引かれます。

円/%

「価格/割合(マイナス可)」の設定内容に応じて、「円」または「%」を設定する。

税率

商品オプション選択肢にかかる消費税率を設定する。

未設定の場合は、サイト管理>基本設定の「消費税率」が適用される。

削除

「☓」をクリックすると、選択肢が削除される。

3.注意事項

類似の機能で、「バリエーション設定」があります。商品オプションとバリエーションの違いは以下のとおりです。

3.1.商品オプションとバリエーションの違い

3.1.1.商品オプション

・選択肢毎に在庫の設定ができない。

・選択肢毎に商品の価格を変更できる

・表示タイプの変更ができる。

・説明文を追加できる。

・項目数を最大20件まで追加できる。

3.1.2.バリエーション

・選択肢毎に在庫の設定ができる。

・選択肢毎に商品の価格を変更できない。

・項目数を最大2件まで。

4.関連記事

・登録商品を編集する(バリエーション設定)

>>「商品管理_登録商品編集(バリエーション設定)」へ