システム管理_reCAPTCHA

システム管理 > reCAPTCHA

1.概要

本画面では、aiship上でreCAPTCHAを使用するために必要な設定を行います。reCAPTCHAとはGoogleが無料で提供しているサービスで、BOTなどの悪質なアクセスからWEBサイトを守ることができます。悪質なアクセスを検出すると写真を選択する認証画面が表示され、認証が正常に完了すると処理が実行されます。

図.システム管理>reCAPTCHA

2.説明

設定箇所は、aishipR側とreCAPTCHA側の2箇所あります。

2.1.reCAPTCHA側

2.1.1.新しいサイトを登録する

下記のリンクから新しいサイトを登録します。

https://www.google.com/recaptcha/admin/create

※Googleアカウントでログインする必要があります。アカウントを持っていない場合はGoogleアカウントを作成してください。

設定に必要な項目は以下の通りです。

図.新しいサイトを登録する(抜粋)

表.reCAPTCHA設定項目

項目

説明

ラベル

任意の値を設定

reCAPTCHAタイプ

「reCAPTCHA v2」の「非表示reCAPTCHAバッジ」を選択

ドメイン

reCAPTCHAを使用する画面のドメインを入力

共用ドメインを利用中の場合:ssl.aispr.jp

全ページ独自ドメインオプションを利用中の場合:aishipで使用しているドメイン

reCAPTCHA利用条件に同意する

チェックを入力

その他の項目を任意に設定し、最後に「送信」ボタンから新しいサイトを登録してください。

2.1.2.サイトキー、シークレットキーの取得

送信後に表示されるサイトキー、シークレットキーをaiship管理画面に設定してください。

図.サイトキー、シークレットキーの取得

※サイトキー、シークレットキーはreCAPTCHAの設定でいつでも確認できます。

2.2.aishipR側

2.1で取得した「サイトキー」、「シークレットキー」を入力します。

利用設定でreCAPTCHAを使用したい機能にチェックを入れます。

図.aiship側の設定項目

2.2.1.項目概要

表.項目定義

項目

説明

サイトキー

reCAPTCHAの設定画面に記載のサイトキーを設定

シークレットキー

reCAPTCHAの設定画面に記載のシークレットキーを設定

利用設定

reCAPTCHAを使用したい機能を設定

■マイページ

※現在はマイページ>クレジットカードを編集する(SBPS)のみ対応しています

■会員登録

※全ページ独自ドメイン利用オプションをご利用の場合のみ適用されます

2.3.動作確認

最後に、reCAPTCHAを設定したページを表示し、画面右下に正しくバッジが表示されていることを確認します。

表.対象のページ

項目

説明

クレジットカードを編集する(SBPS)

以下の画面にバッジが表示されます。

マイページ>「クレジットカードを編集する」>「登録する」>「確認」>確認画面

マイページ>「クレジットカードを編集する」>「変更する」>「確認」>確認画面

マイページ>「クレジットカードを編集する」>「削除する」>確認画面

会員登録

以下の画面にバッジが表示されます。

会員登録の入力内容確認画面

図.正しく設定されている

バッジ上に赤字で文字が表示されている場合は、設定に不備がある可能性があります。サイトキーとシークレットキーが正しくaishipに設定されているか、reCAPTCHAの設定に誤りがないかを再度確認してください。

図.設定に不備がある