集客管理_アフィリエイト/コンバージョン設定

集客管理 > アフィリエイト/コンバージョン設定

1.概要

本画面では、外部アフィリエイトサービスのコンバージョンタグを各種フォームに設置するための設定を行います。指定したページにアフィリエイトサービスから提供されるコンバージョンタグを設定することで、コンバージョンの計測が可能になります。

2.設定済一覧

設定済みのアフィリエイト/コンバージョン設定を表示した一覧です。登録済みの設定の削除と、新規作成画面への移動、登録済みの設定の編集画面への移動ができます。

図.設定済一覧

2.1.項目概要

設定済一覧で取り扱う項目の定義は、次の表の通りです。

表.設定済一覧の表示項目

項目

説明

「新規作成」ボタン

クリックすると、アフィリエイト/コンバージョン設定の新規作成画面へ遷移する

登録名

アフィリエイト/コンバージョン設定の設定名

有効/無効

割引設定が有効かどうか

コンバージョンポイント

コンバージョン計測を行うポイント

方式

コンバージョンタグの埋め込み方式

設置タグ

タグの設置箇所

「編集」ボタン

クリックすると、割引設定の編集画面へ遷移する

「削除」ボタン

クリックすると、該当の割引設定が削除される

3.アフィリエイト/コンバージョン設定画面

コンバージョン計測ポイントの指定、コンバージョンタグの埋め込み方式の指定、埋め込むタグの指定など、コンバージョン計測に必要な設定を行います。

図.アフィリエイト/コンバージョン設定画面

3.1.項目概要

アフィリエイト/コンバージョン設定画面で取り扱う項目の定義は、次の表の通りです。

表.アフィリエイト/コンバージョン設定画面の項目定義

項目

説明

登録名

管理画面上で登録情報を管理するための名称入力

有効/無効

設定を有効にするか、無効にするか

コンバージョンポイント

コンバージョンタグを埋め込む場所(成果を測定する場所)を選択する

方式

アフィリエイトサービスから提供されるタグの方式を選択する

設置タグ

タグの設置場所を選択する

トラッキングコード(※1)

アフィリエイト広告をクリックしたアクセス者に対して発行される識別情報。「スニペット」欄に<#トラッキングコード>が含まれている場合のみ入力する。

スニペット

「方式」欄で選択した方式に合わせて「SCRIPTタグ」「IMGタグ」「通信URL」を入力する。スニペットでは、独自タグを入力することが可能。詳細は、「3.2.スニペットの入力」を参照

※1.アフィリエイトサービスにより「セッションID」など呼び方が異なります。

3.2.スニペットの入力

スニペットの入力は、「方式」欄で選択した方式に合わせて入力します。購入金額や商品番号などの値は、独自タグを利用して入力します。

3.2.1.方式に合わせた入力方法

以下に各方式ごとのスニペット入力方法を記載します。

3.2.1.1.SCRIPTタグ方式の場合

「スニペット」欄に、アフィリエイトサービスから提供されるタグをそのまま入力します。

図.「SCRIPTタグ」の場合のスニペット入力例

3.2.1.2.IMGタグ方式の場合

IMGタグ内の購入個数や金額といった値を独自タグに置き換えて入力します。例えば、アフィリエイトサービスで以下のタグをコンバージョンページに設置する必要がある場合は、「スニペット」欄には独自タグで置き換えて登録します。

< img src=”https://sample-aff.jp/***?c=11111&u=(ユニークな値)&q=(購入個数)&p=(金額)” width=”1″ height=”1″>

< img src=”https://sample-aff.jp/***?c=11111&u=<#受付番号>&q=<#商品数量>&p=<#商品のみの合計>” width=”1″ height=”1″>

図.IMGタグ方式の場合のスニペット入力例

3.2.1.3.ソケット通信方式の場合

アフィリエイトサービスから指定されたURLのパラメータを独自タグに置き換えて入力します。例えば、以下のURLにパラメータを指定してソケット通信にて送信する必要がある場合、「スニペット」欄にはパラメータ部分を独自タグで置き換えて登録します。

http://sample-aff.jp/s.vmjp?c=*****&t=(トランザクションID)&u=(ユニークID)

http://sample-aff.jp/s.vmjp?c=*****&t=<#トラッキングコード>&u=<#受付番号>

図.ソケット通信方式の場合のスニペット入力例

3.2.2.独自タグ

スニペット欄で利用可能な独自タグには、総合計のようなサマリーを出力するタグと、商品番号など注文の明細部分を出力するタグがあります。明細部分を出力するタグは、明細を1行単位で出力する場合は、繰り返しの開始・終了を表すタグ内で利用します。

表.スニペット欄で利用可能な独自タグ(サマリー部分を出力するタグ)

項目

説明

<#トラッキングコード>

「トラッキングコード」欄の入力値を出力

<#受付番号>

注文の場合は、注文番号を出力。フォームの場合は、受付番号を出力。

<#会員ID>

会員IDを出力

<#メールアドレス>

メールアドレスを出力。出力するメールアドレスは、以下の通り。 

・カート>注文完了画面では、注文者のメールアドレス

・マイページ>会員登録完了画面では、会員登録画面で入力したメールアドレス

・フリーフォーム>フォーム登録完了画面では、ログインユーザーより取得したメールアドレス(未ログインの場合は何も出力しない)

<#個体識別番号>

注文時に使用された端末の識別番号を出力

<#ユーザーエージェント>

ユーザーエージェントを出力。※ユーザーエージェントは、購入者が使用したWebブラウザや端末のOSなどの情報です。

<#アクセスIP>

注文時に使用された端末のIPアドレスを出力

<#総合計>

注文の総合計を出力

<#割引総額>

注文時の割引総額。カート管理>割引設定で適用された割引額とクーポン使用分の割引額の合算。ポイント使用分の割引額は含まない。

<#送料総額>

注文時の送料総額。送料設定が「送料は後ほど連絡する」に設定された商品を注文した場合は、0を出力。

<#商品合計の税金総額>

注文時の商品合計に対する税金総額。

<#希望配送日Y-m-d>

注文時のお届け希望日。お届け希望日が「指定無し」の場合は、0を出力。

<#商品のみの合計>

注文の商品合計を出力

<#受付番号>

注文の場合は、注文番号を出力。フォームの場合は、受付番号を出力。

表.スニペット欄で利用可能な独自タグ(明細部分を出力するタグ)

項目

説明

<#繰返始>

繰り返しの始めを意味するタグ。<#繰返始><#繰返終>の間に設置された独自タグを明細分出力する際に開始位置に設置する。

<#商品番号>

注文された商品が通常商品の場合、その商品の「商品管理番号」を出力。注文された商品がバリエーション商品の場合、その商品の商品管理番号にバリエーションの選択肢番号が付加された番号(「商品管理番号+バリエーション選択肢番号」)を出力。

<#商品番号のみ>

注文された商品の商品番号を出力。商品管理>登録商品編集の「主要項目」の「商品番号」に設定された設定値を出力。

<#商品管理番号>

注文された商品の商品管理番号を出力

<#商品名>

注文された商品の商品名を出力

<#商品単価>

注文された商品の単価を出力

<#商品数量>

注文された商品の数量を出力

<#小計>

注文された商品の小計を出力

<#繰返終>

繰り返しの終わりを意味するタグ。<#繰返始><#繰返終>の間に設置された独自タグを明細分出力する際に終了位置に設置する。

4.注意事項

・アフィリエイト広告を利用するには事前にアフィリエイト広告を提供する各社へのお申し込みが必要です。コンバージョンタグ設置の前に、お申し込み手続きをお済ませください。

・コンバージョンタグの入手方法はアフィリエイト広告の種類によって異なります。多くは専用の管理画面から入手できますが、詳細はアフィリエイト広告を提供する各社にご確認ください。

・スニペットに設定するタグによっては「長いパラメーター」が付与されてしまうことで正常にカート内で動作しない場合があります。

ご注意ください。

※タグを設定した後は、必ず動作確認をしてください。